おもいがわざくら
株式会社 結城屋 工房思川桜
yffqn919@ybb.ne.jp
TEL 0285-39-1020

結城紬の織元 “工房思川桜”

基本工程を一貫して行っている
産地で唯一の工房

伝承の手技から生まれる“日本のよきもの”

本物にこだわりを持ち
原料素材を吟味し、制作に妥協せず
結城紬の原点を見つめると同時に
新しさへの挑戦<不易流行>
本気の物造りをしています。

良い物造りは “人創り”
後継者の育成もしております。

新着NEWS
いつもご覧いただきありがとうございます。
ここでは工房思川桜最新のNewsをお伝えします!!
♪*☆*♪令和2年11月15日(日)
更新
♪*★*♪
 

今年の柿は

深まりつつある秋

今年の工房の柿の木になった実は
たった2つ

例年より少ないですが、
とても美味しそうに
実りました。

でも、
いつの間にか
一つ
味見されました。

どんな鳥が
食べたのでしょうか?

先を越されましたが、
美味しかったのでしょうね。


食べた跡で
よくわかります。


これから
寒くなりますね。


皆様も
栄養つけて
冬に備えましょう!






































工房の「今月の花」


工房の垣根の
山茶花が
咲き始めました。

濃いピンクがきれいです。


山茶花の花言葉は
「困難に打ち勝つ」 
「ひたむきさ」だそうです。

コロナ禍の今
励まされるような言葉です。

寒さが始まる初冬に
サザンカが花を咲かせることが
由来しているそうです。

ピンクの山茶花の花言葉は
「永遠の愛}だそうです。
冬の寒さに耐える姿とピッタリです。

筑波山を望む鬼怒川のほとりにたたずむ工房


結城紬発祥の原点である小山市の絹(きぬ)地区で、風雪に耐えた古民家が工房です。


桜で染めたショールや結城紬の小物などを工房内で販売しております。
桜染めのショールは通常の流通には流していませんので、ぜひ工房にお越しになり、お手に取ってご覧下さい。(平日10時〜17時)

また、当工房は観光用の施設と違い、モノ作りの作業を日々行っています。
個人での見学はご遠慮頂いておりますので、何卒ご了承下さい。