おもいがわざくら
株式会社 結城屋 工房思川桜
yffqn919@ybb.ne.jp
TEL 0285-39-1020

結城紬の織元 “工房思川桜”

基本工程を一貫して行っている
産地で唯一の工房

伝承の手技から生まれる“日本のよきもの”

本物にこだわりを持ち
原料素材を吟味し、制作に妥協せず
結城紬の原点を見つめると同時に
新しさへの挑戦<不易流行>
本気の物造りをしています。

良い物造りは “人創り”
後継者の育成もしております。

新着NEWS
いつもご覧いただきありがとうございます。
ここでは工房思川桜最新のNewsをお伝えします!!
♪*☆*♪令和3年1月12日(火)
更新
♪*★*♪
 

今年は丑年

あけましておめでとうございます

令和三年が始まりました。

年が明けても
コロナウィルスの勢いは
なかなか収まらないですね。

今年は丑年

牛が古くから
酪農や農業で人間を
助けてくれた大切な動物であり、
大変な農作業を最後まで手伝ってくれる
働きぶりから、
丑年は
「我慢(耐える)」
「これから発展する前触れ(芽が出る)」
というような年になるそうです。

写真は
会社に御挨拶にきた猫です。

ちょっと牛が寝ているようです。


良い年になりますように


今年もよろしくお願いいたします。











































工房の「今月の花」


工房の庭に
元気よく
赤い実を
実らせている南天

名前の音が「難を転ずる」に通じることから、
縁起木として珍重され、
火災除け、魔除けとして
植えられているようです。

鮮やかな
赤い実に
気持ちも
暖かくなるようです。




筑波山を望む鬼怒川のほとりにたたずむ工房


結城紬発祥の原点である小山市の絹(きぬ)地区で、風雪に耐えた古民家が工房です。


桜で染めたショールや結城紬の小物などを工房内で販売しております。
桜染めのショールは通常の流通には流していませんので、ぜひ工房にお越しになり、お手に取ってご覧下さい。(平日10時〜17時)

また、当工房は観光用の施設と違い、モノ作りの作業を日々行っています。
個人での見学はご遠慮頂いておりますので、何卒ご了承下さい。